カテゴリー別アーカイブ: 作品説明

潜行/Dialogue with the self

@潜行
潜行/Dialogue with the self
2014
Conte and Acrylic on watercolor paper
364×515mm

人には弱い面がある
弱い自己に支配されたとき酒に頼りたくなることがある
迷い、自問し、やがて酔いのまどろみ中で明日に繋がる何かを見つけ出す

 

 

息抜き/Relaxation

@息抜き
息抜き/Relaxation
2014
Conte and Acrylic on watercolor paper
364×515mm

世の中には様々なくつろぐ方法があるが酒を介在したくつろぎは捨て難い方法である
酔いの時間には忘却と安心が訪れ、酔うことで癒える傷があるからだ

 

 

省みる/Introspection

@省みる
省みる/Introspection
2014
Conte and Acrylic on watercolor paper
364×515mm

ひとり飲む酒は自己との対話に適している
忙殺されがちな日々の中でときに内なる声に耳を傾けたい
その時間の中で自らと向き合うことで明日へと向き合える

 

 

至福の時/Time of happiness

©至福の時
至福の時/Time of happiness
2014
Acrylic on panel
803×1000mm

酒場では様々な人が集まる
それぞれ抱えた事情や問題は違う中で色々なドラマが生まれる
ときには愚痴や涙に終始することもある
それでも酒は神に捧げる飲み物だから酒を介在した時間は幸せの時間である

 

 

現在此処/The present here

©現在此処2011
現在此処/The present here
2011
Conte and Acrylic on panel
1030×2184mm

ある酒飲みの始まりから終わりまでを1枚に収めた
絵巻のように右から左へと時間が流れていく
左端で酔い潰れる男の次第に消えゆく断片的な記憶のように儚げに描いた

 

 

いつもの場所/Usual place

©いつもの場所
いつもの場所/Usual place
2014
Acrylic on panel
530×455mm

1日の仕事を終え、疲れを癒し英気を養うためにいつもの場所とメンバーでわずかな時間を過ごす
変化多き日常の中で変わらない光景は安心と活力を与えてくれる

 

忘我/Infatuation

©忘我
忘我/Infatuation
2014
Acrylic on panel
410×318mm

酒を味わうことで疲労や煩わしい感情をこの時だけでも忘れ自分自身を取り戻す
例えそれが仮初めの時間であっても生きるために必要な時間

 

新ページ追加

新しいページを追加しました

【作品の説明】

これまで展示するギャラリーに資料として提出してきました作品の説明をこのページでも載せようと思いまして追加しました
展示会場にいらっしゃった方にも作品の説明をしてきましたがしっかり説明できていたか自信がないところもありますので資料としてもご活用いただければ幸いです

順不同に随時追加していきますのときどきご覧になってみてください

 

 

思慕/Yearning

©思慕
思慕/Yearning
2015
Acrylic and Resin on SAKE cup
234H×234W×67D(mm)

慶事に用いられる盃に描いた
透明な樹脂を酒に見立て、盃の酒を飲む者が慶事に至るまでの光景を酒に投影させているように鑑賞してもらいたい
この作品で投影されている男性の背中は、いつも大きく頼りがいがあり目指してきた背中
いつしか小さくしぼんでしまったように感じられるものの安心する温かさは変わらない
その背中に向けられる眼差しは感謝の気持ちだ

偲ぶ/In the memory

©済み偲ぶ
偲ぶ/In the memory
2013
Acrylic on panel
727×910mm

記憶の中でしか会えない人がいる、日々に忙殺されようと記憶の人と会う時間は持ち続けたい
忘れることさえしなければ記憶の中で生き続けるのだから