カテゴリー別アーカイブ: 酒場でのあれこれ

2016 新宿ジャズフェスティバル まとめ

img_0598

img_0617

img_0575

img_0599

img_0600

img_0612
描く私を描く方が現れる
img_0589

img_0584
1日目完成作品
img_0613
2日目完成作品
img_0570
メイン司会/猪熊橋蔵さん
img_0592
最高の1杯

第16回 新宿トラッドジャズフェスティバル
参加が決まってからずっと楽しみに準備を進めてきたイベントでしたが無事終了しました
2日目、そして終わってからの数日は全身筋肉痛でなかなかの疲労感でしたが、それも心地良く感じるくらい存分に楽しみました

新宿のジャズフェスにライブペインティングの参加は16年続くなかでも初の試みということで、光栄に感じつつもプレッシャーもありました
何より約5時間で縦横ともに162cmサイズの作品を本当に仕上げられるのか、これがともかく不安で緊張の種でしたが2日間とも無事完成して胸を撫で下ろしています

 

普段はアトリエにこもってでの制作ですが人前で描くのは思っていた以上に楽しく気持ち良いものでした
多くの方にもお声かけいただき、嬉しかったですし力にもなりました
イベントに駆けつけてくれた友人達にも助けられましたし励みになりました

やはり酔っ払いを題材に描いているためか、差し入れでアルコールを勧められられるんです
これをお断りするのは本当に断腸の思いでした
そりゃ飲みたいですから!
私は飲酒すると集中力が散漫になってしまうもので、実は「飲んだら描くな」と決めているんですよ
でもありがとうございました、そのお気持ち嬉しかったです

あとライブならではの出来事なのか、描いている私を描く方が現れたのは驚きました
途中までまるで気づいていなかったのですが、ふと後ろを振り返ると描いている人がいるので、、何が起きているのかわからないくらいの衝撃でした

 

メイン会場のすぐそばで描いていたものですから、ずっとプロのジャズ演奏を聴いて周辺から漂う美味しそうな香りにお腹を空かせながらもお祭り気分を味わいつつ、合間に聞こえてくるのは小気味いい司会者の声です
今回この話しをくださったのはメイン司会の猪熊橋蔵さん
通称くまさんと呼ばれ三丁目の名物オヤジとして愛されている方です

出会ってもう10数年になります
当時は20代の何者でもない頃から期待を込めて「画伯!」と呼んでくださり、ずっと応援してくださっている方です
とんでもないニックネームを大声で呼び続けるものですから、ちょっとでもその名に恥じぬよう近付けるようにと活動をしてきましたし、これからもそれは変わりません
まさか、くまさんと同じ現場に立てる日が来るとは思っていませんでしたから、この活動を続けてきて良かったとしみじみ感じました

先日もお礼がてら、くまさんのいるお店へ立ち寄ったところ、ジャズフェスの話しからいつの間にか熱い炭水化物トークになっていまして
なんで立ち寄ったんだっけ?と考えている頃には終電もなくなっていました

 

三丁目のお店の方々にもたくさんご協力いただき感謝しております
差し入れも嬉しかったですし、画材を入れた大きなバックや作品の保管を快く受け入れてくださり本当に助かりました

そこから派生してまた嬉しい話しに、、、というのは改めて続報します
(こっそり教えると、ジャズフェスで描いた作品が三丁目のあるお店で観れるようになります)

そして、遠いところにお住まいなので告知せずにいた方が「なんで知らせないんだ、ファンクラブの一員としては行かねばなるまい」と急遽、伊東から駆けつけてくださったのも感激しました
上記動画の冒頭はその方の撮影ですし、動画内のほとんどはほかにも駆けつけてくださった人達による撮影です

今回のイベントを通じて改めて、アート活動は多くの方々が応援し支えてくださることにより成り立つものだと痛感し感謝の気持ちでいっぱいです
ありがとうございます
感謝の気持ちを体現するためにも、今後より一層精を出して励んでいこうと胸に刻み次の展示準備を進めたいと思います
(これもこっそりですが、来年もジャズフェス楽しみにしてくださいね)

↑この動画はどなたかがアップしたものですが、初日のオープニングの様子とメイン司会の猪熊橋蔵さんの司会ぶりがしっかり撮影されておりますのでご覧になってみてください
動画の29分あたりからパレードがスタートしていますが私が描いている様子も少し映っていますよ

 

 

 

 

11月のイベント “第16回 新宿トラッドジャズフェスティバル”

INFORMATIONページは随時更新しておりまして来年の展示予定も少しずつ決まってきております
現在それらに向け制作に励んでおりますが、今年はあとひとつイベントを残しております
そして今年唯一の都内でのイベントです

イベント当日の様子はこちら 

 

img_0401
新宿トラッドジャズフェスティバル
11/12(土)&13(日)、11:00-16:30
新宿要通り共栄会、末広通り商店会(新宿3丁目・2丁目界隈)

img_0400
*上記、地図 “25番” お祭り広場付近にて、ライブペインティングを予定

住所:東京都 新宿区 新宿 3-9-4
googleマップ

 

概要は上記の通りです

今回、ライブペインティングをする界隈は私が取材と称して普段からよく飲み歩いているエリアです
住所上で、新宿3丁目はJR新宿駅東口あたりまでも含むのですが、上記地図にありますエリアを親しみを込めて「三丁目」と呼んでおります

三丁目はこじんまりした酒場が多いので、私のようなひとり飲みには適しておりますし、そんなお客さんも多いので自然と会話が弾みまして、かれこれ10数年このあたり中心に飲み歩いています

三丁目の老舗といえば「どん底」、ここから独立して付近で店を出す方々も多いようです
確か「池林房」もそんなお店のひとつだったと思います、池林房(ちりんぼう)といえば両親が結婚前にデートで行ったこともあるとのことで、いかに長く営業されているかがわかります

通い始めて10数年でもお店の移り変わりは多くありまして、ここ数年で一気に増えた「マルゴグループ」は三丁目だけでも10店舗もあるようです
ほかには寄席の「新宿末廣亭」や洋食でも老舗のお店もありますので、お酒以外でも楽しめるエリアです

そんなホームタウンでのイベントですので大変楽しみにしておりまして、準備にも気合いが入ります

ライブペインティングは1日1枚を描き上げる予定です
ですから、どちらか1日でも来ていただければ描き始め~完成までご覧になれます
もちろん、ずっと見ているのも疲れるかと思いますのでイベントの露店でビールやつまみを買い、そこかしこでの演奏やパフォーマンスを楽しみながら、私のほうもときどき覗いてみていただければ幸いです

サイズは162cm×162cmのキャンバスを用意して臨みます
通常であれば数か月かけて完成させるサイズなのですが、今回は4~5時間で仕上げます

普段アトリエに籠っての絵を描く姿を披露するのと、かなり手を早く動かさねば完成まで間に合わないであろうサイズ、そしてホームタウン三丁目でのイベント
いまからワクワクしております

どうぞ、そんな姿をお楽しみくださいませ!

 イベント当日の様子はこちら

 

*イベントは路上でのパフォーマンス・演奏は無料でお楽しみいただけます(私はこれに含まれます)
*各店舗でのパフォーマンス・演奏はチケットが必要になります(チケットに関する情報はコチラ

 

 

 

 

お酒とは

現在、医者から禁酒を厳命されておりまして
酒場と酔っ払いをテーマに作品を制作する身であるのに、取材(飲酒)に出向けていない状態が続いております

禁酒を受けたときには何を言っているのかさっぱりわかりませんでした
というのは、飲み過ぎが原因で禁酒されているわけではないのですから

ここでくれぐれも留意していただきたいのは
*原因は飲み過ぎではありません

簡単に言うと風邪をこじらせてしまい、それに伴い禁酒したほうがいい症状がでているわけです
はっきりした原因は検査結果が出ないと判明しないので、この程度の説明になります

その間に制作をと思いましても、体調がまだ回復しておらずそこまでは手が回らないのです

そんなわけで、静養を心掛けながら飲酒と制作のない生活を数日しております
が、途端にやることがないというか何をしていいのかわからなくなるものです
考えてみれば、私の行動はほとんど飲酒ありきが前提だったと気付かされました

疲れたり鬱憤が溜まったりすれば、飲みに行き
制作に詰まる、一区切りすればもちろん行きます
飲まない日も後日、美味しく飲むための所作です
酒席の約束があれば、思い切り楽しむために睡眠時間を削ってもそれまでに仕事を片付けます

買い物なんかもその後にどのように飲み始めるかを念頭に入れたうえで計画していることに今回気付かされました
本を読むのも好きなのですがそれも酒場へ向かう合間の電車で読んだり、酔った帰りの電車で読むのが好みなのです

このように考えるといつの間にかお酒を飲むことが自分の中心になっていたのだなと感じます
もちろん、お酒を飲むこと自体が目的ではなく、酒場で出会う人達と楽しい時間を過ごすことが一番の目的ですよ

今では酒場と酔っ払いをテーマに作品を制作しているわけですから、なおさら切っても切れない存在ですよね

この禁酒期間を私にとってお酒とは何なのか、考え捉えなおす良い機会だと思いますので
焦れながら取り組んでみたいと思います

 

ええ、もちろんそれも美味しくお酒を飲むためです

 

酔っ払いに愛を2015〜横丁オンリーユーシアター〜、まとめ

すっかり、ブログにまとめるのが遅くなってしまいました
酔っ払いに愛を2015〜横丁オンリーユーシアター〜、参加してきました

今年春頃に偶然見つけ、こんなにも自分のテーマに合致するイベントがあるものなのか!という驚きから始まり
八戸への下見旅、本番と思いっきり楽しんできました

その名の通り酔っ払いに優しいイベントでしたので、アーティストとして、酔っ払いとして満喫できました
画像と共に記述していきます

まずは下見のときに作成した動画で八戸の横丁の雰囲気をお楽しみください

 

八戸の中心街にはいくつもの横丁が点在しており、横丁オンリーユーシアターではその横丁を舞台にダンスや芝居等々たくさんのパフォーマンスが三日間楽しめるイベントです

私は空き店舗で作品の展示と似顔絵を描いていました

IMG_3079

IMG_3069

IMG_3072

IMG_3070

IMG_3057

12作品を展示してきました
残念ながら画像では伝わりずらいのですが、元が酒場だっただけに面白い雰囲気の展示となりました

IMG_3086
私は2日目からの参加でしたが、初日に来てくださった方かの感想が貼られており、励みになりました
こういう感想は素直にすごい嬉しいです

 

そして、似顔絵描き
IMG_3081
実際どれくらいの人達が希望してくるのだろうと、ハラハラしていましたが開始からコンスタントに描き続けることになったので安堵しつつ心地良い疲労感となりました

IMG_3084
意外に多かったのがファミリーやご夫婦と複数人で描くパターンでした

IMG_3089
八戸で料理屋を営む叔父叔母も駆けつけてくれました

学生の頃はじっとしているモデルさんを描いたり、普段はじっくり描いていますが、今回の場合はお客さんが飽きない短時間で仕上げるのが肝心でして
となると15~20分程度になるので独特の難しさもありましたが、皆さん喜んでくださったようなので安心しました

 

 

ここからは、楽しんだ方面の話しになります

IMG_3092
↑ご存知でしょうか?
八戸のゆるキャラ、イカドンです
噂によるとイカドンと名刺交換すると出世するとのことで、ずっと会えるのを楽しみにして待っていたところ最終日に念願叶い名刺交換しました
これで安泰ですね!

 

IMG_3106

こちらは打ち上げ時にUmagin(ウマジン)を被らせてもらいました
イベントでは横丁各所でパフォーマンスを、中でもジョンレノンのイマジンを流しながらのウマジンのパフォーマンスは大変気に入っています
被ってみたかったので満足です

打ち上げ、二次会とたくさんのアーティストの方々と楽しいお酒を飲めたのは何より楽しい出来事でした
ただ惜しむべきは、その楽しかった記憶は今回ユニフォームで着ていったシャツの通りに。。↓
oooo

しかし、参加アーティストやスタッフの方々、地元の酔っ払いの人達とたくさんの酔っ払いに愛をもらい心から感謝しております

 

そして、思いっきり八戸を満喫してきましたがひとつだけ心残りであり、やり残したことがあります
それは朝市!

八戸の朝市は大規模で、地元の人から観光客まで大変は賑わいとのことで扱う品の種類の豊富さも大規模と聞きました、なんでも車まで売っているとか
午前3時から設営が始まるので朝方まで飲んだ後、シメを味わいに行く人もいると聞きました
是非とも遊びに行きたかったのですが、前夜のお酒の影響と朝に弱い私はまるで起きることができませんでした

来年も参加が叶うなら次回の課題としておきます
そして展示に関しても今回の参加でもっと工夫したい欲が出てきましたのでそれも次回取り組めたらと思います
IMG_3123

 

 

 

酒場と下戸

いろんな酒場で飲んでいると、ときどき遭遇します、下戸の人に
酒場なのに酒が飲めない人がいるなんてと、初めて遭遇したときは驚きましたが意外にいます
グループの中に下戸がいるのは付き合いなんだとわかりますが、一人客でもそれなりにいるんですよね
酒場へ行く方なら見掛けたことがあると思います

 

それでも、下戸なのに一人で酒場へ来るには何か理由があるのだろうなと興味が湧くので、隣席のときは理由を聞いています
それぞれな理由で来ているようですが3つに大別できると思います

お店の料理が好きだから、飲めないけど酒のツマミは好きだからと食に惹かれていらしている方
とくに最近増えているようですね、大きな理由としては下戸なおじさんが黙々と食べる姿が魅力の「孤独のグルメ」の影響を受けて、酒場へ食事を楽しみに行く人が多いようなんです
私も大好きな番組なので、ドラマで出たお店へ何件か実際に行ってみました

続いては、接待で来たらお店の雰囲気が気に入ったから、と雰囲気を楽しまれる方
わかります、お店によってはお酒を楽しむというより雰囲気を味わいに行っているところもありますので

そして、友達に連れて来られたのがきっかけでいろいろな人とお喋りをできるのが楽しくて、と会話を楽しむ方
そうですね、私も酒場へ行く根深い理由は誰かと話しをしたいからな気がします(会話のほとんどは忘れますが、、
だいたい、常連さん達を見ていてもみんな寂しがり屋だったりしますし、初めての酒場でも隣席の人と盛り上がれるのもこの理由があるからでしょうね

 

と、下戸の人が酒場へ行く理由を見ると、飲める人と違いはありませんね
酒量がゼロであろうと、ザル、ワク、うわばみであろうと、酒場には惹かれる魅力があります

ちなみに、何軒かバーのマスターに下戸の人が来る割合を聞いてみたところ、全体の3%~5%くらいではないかとのことでした
バーでこのくらいの割合ですから、他形態の酒場でも聞いてみたらもっと増えるでしょうね

 

 

©祝杯
↑ 内緒の話しですが、この作品のモデルさんも実は下戸なんですよ

 

八戸、打ち合わせ・下見旅 & GoPro初動画

先日、八戸へ行ってきました
酔っ払いに愛を 2015 ~横丁オンリーユーシアター~の打ち合わせと会場の下見のためです
image
八戸は横丁がたくさんある街とのことでしたので、「ついでに」横丁散策と作品のための取材(飲酒)もしてきました

image
横丁にはいたるところに八戸横丁のゆるキャラ「よっぱらいほやじ」がいます
夜に酔いながら歩いていると何度も見かけるので、初見の身としては同じ所を歩いているのか違う場所なのか多少の混乱はありました
曲者です

酔っ払いに愛を 2015 ~横丁オンリーユーシアター~の会場も街中に点在する横丁が舞台になっています

image
私の会場となる場所は現在は空き状態となっている店舗内です

image
image
この店内で作品展示と10/10と10/11には似顔絵も描きます
1チケットで似顔絵を描きますので、ご興味がありましたら是非ともいらしてください

展示では、このまま展示したのでは味気ないように感じるので空間演出もする予定です
酔っ払いを描く画家としては腕が鳴ります

 

そして、今回の八戸旅の裏テーマだったのがGoProで動画撮影を楽しむことでした!
GoProについての説明はこちらを見ていただくとして、初めて取り組んだ動画編集もようやく完成したので是非ご覧になってみてください!

image
↑このシャークにさわるやつも動いていますよ


八戸の魅力とGoProの楽しさを詰め込んでみました

下見に行ってみて、このイベントがますます楽しみになってきて制作にも熱がこもりそうです
是非とも10月の3連休は八戸へ!

ESCRIBAでの展示が始まりました

北井画廊企画による、Restaurant ESCRIBAでの展示が始まりました
展示概要はこちらを参考にしていただくとしまして、今回はお店までのご案内と店内風景をチラリとお見せします

ESCRIBAはお店に着くまで少しだけ癖のある順路がありますので、この記事ではその道程をメインにご紹介します

まずお店のあるビルは大通りに面してはいるものの、ビル入口は大通りから小路に入ったところにあります
IMG_2535
↑このオブジェが見つけられれば、バッチリです!

入口からエレベーターで6階まで上がります
(お店は7階なのですが、エレベーターは6階までになります)

FullSizeRender (9)
エレベーターから出るとすぐこの看板が目の前に↑
指示通りに階段を上ります

FullSizeRender (8)
階段途中には展示情報も掲載されています

FullSizeRender (15)
7階まで来るとすぐです

FullSizeRender (16)
階段を上がり、すぐ右手にはなにやら赤い鉄塔が見えてきます。。

FullSizeRender (17)
そうです、東京タワーが目の前に!

FullSizeRender (18)
いやぁ、壮観です
レストラン入るとすぐに、そびえ立つ東京タワーが!

FullSizeRender (19)
そして、東京タワーを背にすればRestaurant ESCRIBA!!
これ夜はもっと素敵な光景になります

FullSizeRender (20)
店内はこのような雰囲気です
私の作品も展示されております

と、今回はここまでにしておきます
あとは是非とも実際に足を運んでみてください

 

まとめますと、少し癖のある順路というのは6階からは階段でESCRIBAまでいらしてくださいということです
この少し癖のある順路を辿りますと、抜群の風景がありますので期待は裏切りません

私はレストランの雰囲気と眺めが大変気に入っております
是非楽しみにいらしてみてください

個展 at Restaurant ESCRIBA

8/29より個展が始まります
5月の個展北井画廊さんに企画していただきました、レストランでの展示です

会場となります、イタリアンレストラン”ESCRIBA“は店内から見る東京タワーの眺めが抜群に良いお店です
美味しい食事と東京タワービュー、そして作品展示をご堪能しにいらしてくださいませ

*ディナー時間にいらっしゃる場合は事前に予約をしておくことをお勧めします
特に木曜・金曜は混み合うため、予約が必須です

IMG_2535

古屋正成展 at Restaurant ESCRIBA(企画/北井画廊)
8/29土曜-10/21水曜

Restaurant ESCRIBA
東京都港区麻布台2-2-12 三貴ビル屋上

月曜日~土曜日
ランチ/11:30~15:00
ディナー/17:00~23:30(L.O.22:30)
定休/日曜・祝日

アクセス
地下鉄日比谷線 神谷町駅 2番出口 徒歩6分
都営大江戸線 赤羽橋駅 赤羽橋口 徒歩6分

*お食事にいらっしゃるときはこちらもご参考になさってください

 

 

新規開拓か馴染みか 2

前回は酒場の新規開拓について記述しました、今回はその続きで馴染みのお店について
私は馴染みのお店で飲んでいることのほうが多いです
ひとり飲みがほとんどなので、行った先で常連さんやお店の人と喋りながら楽しんでいます

image

どうせ飲みに行くなら知っているお店でお金を使ったほうがいいですし、誰かしら顔見知りの常連さんがいるので話し相手も十分です
加えて、自分のタイミングでお店を出ることができるのでとにかく気楽さが気に行っています
(帰ろうとするタイミングで常連さんに捕まり、なかなか帰れなくなることもありますが。。)

IMG_1288

 

現在では作品のためのモチーフ探しという意味合いも兼ねて酒場通いをしていますが、ひとつのお店をずっと通っていると、お店ならではのドラマが見えてきます

時間帯による客層、常連さんの移り変わり、数年を通して見えてくるお店の変化
常連さんと深く関われるのも馴染みの店だからこそ、職が変わる人もいれば、ご家族に変化が起きその心情をお聞きすることもあります

それらはお店によっても特色が違う、関わる人達で積み上げられた通ってみなければ感じずらい魅力です

とはいえ、初めて訪れたときにお店と肌が合う合わないはなんとなく感じますよね
気に入ったからすぐに再訪して、そのうちまた来ている、気が付けばちょくちょく行くようになっていた
こんなふうに、つい足が向くうちにすっかり馴染みになっているかもしれません

何度も通っていると、お店の空間に入っただけでなんとも言えない安心感に包まれるような感覚になるのは、まさしくお店に馴染んでいる証拠なのでしょうね

IMG_0578

馴染みのお店ならではの魅力やエピソードはいろいろ浮かんできます
が、秋から始まる展示の締め切りが諸々迫ってきていますのでまた改めさせてください!

 

 

新規開拓か馴染みか

前回の”酒場と酔っ払いの会話”冒頭に記述しました
馴染みの店で酔っ払い達の人間模様を深く追求することが得策なのか
それとも時間を見つけては馴染みのない街へ行き、地域に根差したお店で特色を掴んで材料にするほうが良いものか
どちらも制作の材料になるでしょうし、得るものもあるはずです

テスト

新規開拓の場合、口コミや雑誌で良さそうなお店を見つけて行くのも楽しいですし
用事などで土地勘のない地域へ行ったついでに鼻を利かせて一寸一杯なんてのも面白いですね

私は鼻を利かせて見知らぬお店へ飛び込んでみるのが好きです
当たり外れもあってギャンブルのようなワクワク感がたまりません
もし、ハズレの場合であっても1~2杯で出てしまえば良いので損失も大したことはありませんからね

何より初めてのお店に飛び込んでドキドキしながら、そのお店の流儀というか仕来たりのようなものを常連さん達の様子から感じ取ってみたり、 メニューからお店の当たり料理を推測したりするのが好きなのです

個人的にはお店の人にオススメを聞くのは好きでありません
お店側がオススメできないものを置いているわけがありませんからね
特に小さな店舗でこの質問をするとムッとする店員さんもいるので、やはり注意が必要な質問ではないかと思います

でもどうしても聞いてみたいときは似ているけど角が立たない質問の仕方があります
「こちらのお店でこれは食べておけ(頼んでおけ)という料理ありますか?」
こうやって聞くとすんなり、そのお店の名物を聞くことができますのでオススメです

@ハッピーアワーⅢ

私が酒場と酔っ払いをテーマに制作しているのが認知されてきたのか、最近は周囲から私の作品に出てくるような雰囲気のお店を勧めてもらえて嬉しいかぎりです

先日も友人が勧めるお店へ行ってきました

シャリキンという飲み物はご存知でしょうか?、私は初耳でした
その謎の飲み物シャリキンを求め行ってきました

IMG_2389
これがシャリキン
シャリキンとは、キンミヤ焼酎を凍らせたシャーベット状のキンミヤをいいます
焼酎を凍らせることによって氷を入れずに飲むことが出来るので薄まらないまま味わえます

IMG_2390
確かにシャーベット状になっています

 

IMG_2391
今回はシャリキンレモンサワーをいただきました
好みの濃い目で味わえたので大満足でした

IMG_2392
お店に置いてあったシャリキンについて書かれたウチワ

 

とにかく美味しかったので杯を重ね、時間とともにその後の酒場での記憶は。。

ともかく新規開拓の醍醐味は未知との遭遇ですよね
まだ見ぬ酒に料理、店員さんと常連さんが作りだすその店ならではの雰囲気は何よりの魅力です
都内でも街ごと店ごとに毛色が変わってくるので面白いですね